理学療法士の勉強ならWEBにて動画が見られるもりもと塾をご利用ください

お問い合わせはこちら

勉強方法

理学療法士・作業療法士の国家試験勉強ならWEBが便利です

勉強方法

WEB通信講座は理学療法士・作業療法士国家試験の合格実績が豊富です

WEBで理学療法士・作業療法士の勉強ができるもりもと塾は、日本のご高齢者をはじめ、リハビリを必要とする方をサポートしたいと考える受講者様をサポートいたします。より多くの受講者様が資格を取得できるよう、WEBで行える様々な勉強方法と問題をご提示します。
移動中や授業の合間、家でと、WEBにてどこでも理学療法士・作業療法士の国家試験勉強ができます。短時間で暗記をしたり、問題を解いたりと、隙間時間を利用して学習できますので、ぜひご利用ください。

理学療法士・作業療法士のWEB講座で動画を見ましょう。

1.動画を見ましょう

パソコンを持っている男性

解剖学、生理学等の基礎的な分野について、10分程度の動画にまとめています。
 

youtubeにつなぎますので、、PC・スマートフォン・タブレット環境があれば、どこでも講座を受けられるため、空いた時間に学習を行えます。
 

まず、動画を見て、内容を把握しましょう。動画に出てくる、単語や文章をしっかり覚えていきましょう。
 

動画の文章については、別に配信していますので、プリントアウトして、何度も読み返すといいですね。

 

2.WEB講座で穴埋め問題をしましょう

穴埋め問題をしましょう

アプリを検索している方

次に穴埋め問題をしましょう。覚える必要のある単語を(赤文字)にした問題となっています。
 

プリントアウトして、赤下敷きで覆いながら覚えるか、「i-暗記シート」アプリに入れて行いましょう。
 

「i-暗記シート」アプリは、andoroido版、iphone版ともありますので、インストールして使ってみてください。無料で基本的な機能を使うことができます。
 

なお、iphoneでは、アプリ内でいくつかの教材を配信しています。
 

1つの問題につき、10回程度は繰り返してください。

3.暗記問題や○×問題に取り組み暗記を確定させましょう

WEB講座で暗記を確定させましょう

パソコンを開いている女性

暗記問題および、○×問題を配信しています。
 

暗記問題ではフラッシュカードのように。素早く目を通していくのが効果的です。
 

暗記はとにかく、繰り返しです。また1日のうちに4回程度(6時間おき)に行うと非常に効率的に暗記することができますのでお試しください。
 

2~3項目を、1日4回×3日かけておこなうと、思ったより早く覚えていることを実感できます。たくさんの項目を一度に行うのではなく、少しずつ定着させていくようにしましょう。
 

○×問題では、一問一答の問題を行うことで、しっかりと暗記を定着させることができます。
 

暗記問題および○×問題はWEB上で配信するとともに、エクセルでもダウンロードできますので、「単語帳メーカー」アプリに入れて使うと便利です。このアプリもandoroido版、iphone版の両方があります。

4.WEB講座で理学療法士・作業療法士国家試験の過去問題と解答・解説を読みましょう

理学療法士・作業療法士の国家試験過去問題の解答・解説

勉強している人

いきなり、過去問題を行うのではなく、過去問題と解答・解説を読みましょう。
 

理学療法士・作業療法士の国家試験では、同じような問題が繰り返されて出題されることがとても多いです。10年分の過去問題と解答・解説を何回も読むことで、出題されている内容や、単語を覚えていくことができます。最初から自分で問題を解いていくよりも、まず解説を読んで理解することが大切です。
 

もりもと塾では、各科目の分野別の過去問題の解答・解説と、回別の過去問題の解答・解説を配信しています。
 

まずは、分野別から目を通す方が理解しやすいと思います。

5.WEB講座で理学療法士・作業療法士の国家試験過去問題を繰り返して行いましょう

WEBで過去問題を行いましょう

パソコンを使用している男性

理学療法士・作業療法士の過去問題については、基礎専門問題は10年分を10回以上、専門問題は第45回~49回を5回以上、50回~54回を10回以上繰り返して行いましょう。
 

なぜ、10年分?と思われる方もいらっしゃると思いますが。理学療法士・作業療法士の国家試験では同じような内容の問題が繰り返して出題されます。とは言っても、過去10年間で、毎年のように出題される問題もあれば、2~3回しか出題されない問題もあります。ですから、過去5年分しか行っていないと、目にしない問題や、1回しか目にしない問題などがある訳です。10年分をしっかり行うことで過去問題を網羅しましょう。過去問題については、試験前までには、点数が95%は取れるようにしておきたいものです。
 

ただ過去問題を行うときに注意することがあります。それは単に「答」を覚えるのではダメということです。「答」だけ覚えるのではなく、しっかり内容を理解し覚えるためには、選択肢一つひとつに注意を向けながら実施するようにしましょう。選択肢一つひとつに注意を向けることで、知らない単語が浮かび上がってきたり、文章を理解したりできるようになります。単語を覚え、文章を理解することができれば、言い回しの異なる問題や新しい問題に対応することができます。
 

過去問題を行う最初のうちは、しっかり時間をかけて、問題文や選択肢をしっかりと読み込むようにしましょう。
 

また、過去問題を行っていて点数が上がって来ないのであれば、動画、穴埋め問題、暗記問題、○×問題など、基礎をしっかり固めていきましょう。

単語を覚えることは基礎の基礎です

勉強している人

どの科目についてもそうですが、特に解剖学、生理学は、まずしっかり単語を覚えましょう。
単語を覚えるためには、ひたすら繰り返すしかありません。

よく、「効率のいい覚え方はないですか?」とか、「いくらやっても、全然覚えられないんです」とか、「私は記憶力が悪いので」とかいろいろ言われる方がおられますが・・・

覚えるためには、繰り返すだけです。

10回で覚える人もいれば、100回でも覚えられない人もいるでしょう。しかし、100回で覚えられないなら、1000回やってください。

覚えるのが速い人には、記憶の仕方がうまい人もいます。でも、記憶の仕方も今までの学習によって培われたものです。
ですから、やっているうちに、覚え方もわかるようになります。

もちろん、覚えるときにイメージするとか、声に出すとか、字に書くとか、歩きながらするとか、いろんな方法もありますので、そういうことを試したい人は試したら良いと思います。

でも、とにかく繰り返してください。

古典的なところでは、エビングハウスの忘却曲線にもあるように、覚えたことの45%は、すでに1時間後には忘れているといいます。

だから、本気で効率よく記憶しようと思えば4~6時間ごとに、覚え直すのがよいです。

え~、そんなにと思うかもしれませんが、例えば筋とその支配神経30個を覚えるために、2~3回繰り返すのに、何分かかりますか?

30個だったら、1分とかそれくらいですよ。全部覚えよう!と緊張して確かめながら行う必要はありません。

上腕二頭筋―筋皮神経、腕橈骨筋ー橈骨神経・・・と2~3回読み上げればいいだけです。
あまり多くのものを一度に覚えようとしないでくださいね。

慣れないうちは、上肢の筋と支配神経30個、下肢の筋と支配神経30個と分けて、2セット✕1日5回とかね。

それくらいだったら出来そうでしょ。というか、それくらいは出来ないと国家試験に合格できないと思ってください。

最初に言ったように、努力なくして結果は出ない!です。

そしてなるべく先送りしないで、早く始めましょうね。
時間は限られているのですし、やらないで済むわけもないので、後から後悔しないためにもね。


理学療法士のWEB講習はスマホ・PC対応です

講義を受けている人

様々な方式にて問題を出題します

WEBで理学療法士の試験に関する問題を配信し、様々な方式の問題を繰り返し説くことで、本番に強くなれるとご好評です。長期に及ぶ過去問題も見られますので、ぜひ難易度が高い国家資格取得の勉強にお役立てください。

家庭教師

学校の勉強と合わせてご利用ください

WEB通信講座にて理学療法士・作業療法士取得に向けた勉強が行えるもりもと塾は、直接家庭教師の指導を受けることも可能です。受講者様が特に苦手と感じている箇所を詳しく説明し、さらなる理解に繋げられますので、ぜひご利用ください。

書類を書いている

臨床に強い知識を学べるとご好評です

WEBで理学療法士の勉強を行うならもりもと塾をご利用ください。試験に合格することはもちろん、実務試験・合格後の臨床時に役立つ知識が身に付きます。空き時間に繰り返し問題を解けますので、ぜひ受験にお役立てください。

パソコンを見ている男性

理学療法士・作業療法士のWEB講座では実績豊富な講師がサポートします

理学療法士・作業療法士の国家試験合格を目指す受講者様を丁寧にサポートするもりもと塾は、通信講座にてわかりやすい解説や授業を配信しているため、塾へアクセスする必要が無く、PC・スマートフォン・タブレットがあればご自宅や外出先でも手軽に勉強することができます。専門学校の学習と併用される受講者様も多く、学校の講師とは違う視点にて理解が深められたとご好評です。
通信講座や過去問題でのサービスを配信する中で、実際に国家資格を取得された受講者様も大勢いらっしゃり、実績が豊富です。一つひとつの用語や内容をを正しく理解することで、どんな問題にも強く、臨床時にも役立つ知識を身に付けられます。WEBで受験勉強したいとお考えでしたら、力がある講師が受講者様をサポートいたしますので、ぜひ受講をご検討ください。

本を見ながら話している女性

WEB講座なら理学療法士・作業療法士の勉強を空いた時間に行えます

通信講座にて難しい試験に関する知識を提供するもりもと塾は、多くの受講者様にご利用いただき、開設から多数の国家資格合格者を輩出した実績が豊富です。試験問題には身体の部位や現象等の用語が多く用いられ、正しい回答を導くには用語への理解が必要不可欠となりますが、お一人で市販のテキストによる勉強では理解に至らないと話される受講者様もいらっしゃいます。
経験豊富な講師は受講者様にわかりやすいよう、動画にて解説を配信し内容を講師の言葉で説明いたします。動画はPC・スマートフォンにて配信しているため、塾にご来校いただかなくともご自宅や出先、更に通学途中等、ちょっとした時間に勉強することができるとご好評です。空き時間を無駄にしない勉強方法をお探しでしたら、ぜひご利用ください。